社長挨拶

GREETING

 建設業の魅力

 日本の建設業は元来「創造への喜び」を魂に秘め、匠の技を磨きながら発展を遂げてきました。ところが時代の流れと共に過当競争に走り、大切な魂や長年育んできた技術の伝承が忘れ去られようとしています。労働力不足による混乱の中、構造改革や働き方改革と銘打ち、労働時間削減に翻弄され、益々ものづくりの現場とのねじれ現象が加速しています。

 今、この業界が見出すべく希望の光はバブル期のような華々しい幻想ではなく、若者が求める余暇の在り方でもないと、私は考えます。
 それは「ものづくりへの崇拝の念」の原点に立ち、地道な鍛錬によって、その付加価値を世に生み出すという高い志と誇りを抱く場所に辿り着くことであり、それが“建設業の魅力”であると信じております。  若者たちにとって
、この建設業界は社会に貢献することを実感し、働く充足感と自らの存在に“志と誇り”に満ちた幸せな人生を贈ることができる居場所であります。

 塩月工業は「力強く信頼される企業へ」を経営理念に掲げ、お客様から真の信頼を頂くよう努めて参りました。弊社は昭和37年の創業、昭和48年の設立以来、ひたむきな‘ものづくり’への姿勢と努力と共に、様々な難局を乗り切ってきました。おかげさまで現在では多くのお客様にご愛顧頂けるようになり多岐にわたる工種をご発注頂いております。

 弊社は商社でもなく、ゼネコンでもなく、社員が直接、施工に携わりながら管理が出来る‘施工業者’です。餌場を求めて彷徨う大きなクジラではなく、小さな鰯のような施工業者はいくら建設市場が縮小されても無駄を省き知恵を絞れば、大海原を悠々と大群で泳げることができます。そしてこの荒波の中で生き残るのは「質の高い‘ものづくり’をする会社」であると確信しています。

 弊社の強みは、専門業種の組合せで成り立っている建設業において、複数の工種を施工できる多能工化を実践していることにあります。複数の工種を少人数でロスなく施工し、作業効率を向上させること、更に、幅が広い施工実績に裏付けされた職員の高い管理能力と統率が効いた組織力です。世の中が変化しても決して変わらない「ものづくりの原点」を追求し、管理能力、組織力、多能工化に対する重要性は全社員に植え付けられています。

 変化し続けるお客様や社会のニーズを的確に捉えて、しっかりとお応えすること。そして弊社の「真の価値」を理解して頂き、お互いに喜びを共有できる関係を築き上げたいと考えています。
 これからも皆様方のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

令和6年4月吉日
株式会社塩月工業
代表取締役社長  塩 月 啓 司

映像①:「創立50周年記念 PR動画」 

映像②:「GLのプラス・マイナス」 ※後半の土木工事現場は弊社の施工現場です。

 

ページの最上部までスクロール