社員紹介

MEMBERS

K.S(玄海工事事務所、19才、2年目)

入社1年目(当時)です。現在は様々な土木作業を、作業員さんと共に行っております。
将来「施工管理」の立場に立った時に、作業の急所・作業要領を的確に指導できる管理者になりたいと思い、頑張っています。

塩月工業の理念は「力強く信頼される企業へ」であり、その理念をもとに社員一人一人が地域、協力会社など、多くの人々に信頼され続ける企業を作り上げていると思います。
また平成12年に「ISO9001」をコンサルタントに頼らず、マニュアル作成から運用まで自社職員だけでシステムを構築し、自力で認証取得を実現しており、会社としての取り組みがなされていると思います。
自社の安全への取り組みとしては、当社で基準を定め、「PDCA」サイクルを一人一人が念頭に置いて行動していると思います。

工事の中には、LNGタンク・ダム・都市土木・橋梁工事・河川工事・地下鉄・道路工事など多くの多種多様な難易度の高い施工がありますが、塩月工業の仲間になれば、日本で一流の、技術力の高い土木工事が経験できると思います。

将来の目標は、誰からも信頼される、施工管理技師になることです。
その為には、日頃から作業の意図・目的を理解した上で作業を行い、人と接する場合は相手への気持ち・立場になって行動していきたいです。

K.K(工事部熊本城工事事務所、21才、4年目)

今は、熊本城で現場担当をしており、現場で指示などを行っています。
他にも、手順書の作成やCADで図面を作成しています。

現在は熊本城飯田丸の現場担当をしており、現場がどのようにしたら安全で早く終了できるかを元請けと打ち合わせ、適切な指示を出し、現場を進めています。
また、一人一人、作業内容に応じて作業する人を配置し、指示を行う事を心がけています。

塩月工業の魅力は、安全に妥協せず一人一人が安全に対する意識が高いことと、上司の方の現場での作業方法が豊富なところです。

将来は上司の方々のように、色々な作業において様々な作業方法を覚え現場を進めていけるような、また、自分の持った現場から災害を出さない事を目標とし、色々な人から信頼されるような職長になりたいです。

S.I(工事部、28才、10年目)

私は入社10年目で、小さな工事ですが現場代理人をやらせて頂くなど、主に元請工事の管理に携わらせて頂いています。
私の苗字のように「猪突猛進」で周りも気にせず突き進んでいきたいところですが、手戻りがないように何事にも確認を怠らず、慎重に取り組んでいます。

塩月工業に勤めて一番嬉しかったのは、春日市受注工事で初めての現場管理人をやらせて頂いた時です。
不安なことばかりで毎日が大変でしたが、無事故で竣工できた時は安心と喜びでいっぱいでした。

塩月工業の魅力は、周りの先輩方がとても優しく、他現場に居ても気にかけてくれるところです。
人間関係が良い会社だと思います。

将来の目標は、尊敬される父親になることです。

S.S(工事部日の出町駐車場工事事務所、31才、13年目)

主に施工管理を行っています。
元請の現場に携わることが多く、現場では測量から出来形、品質管理、内業では検査書類を作成しています。

塩月工業に勤めて一番嬉しかったのは、ほ場(田んぼ)整備工事において自分で計画したことが実際に出来上がったことです。
今までは与えられた図面を元に測量を行っていましたが、この現場では、図面をもとに測量しても設計との相違があったり、水勾配等の不具合があったりと、ほぼ図面を書きなおして計画しました。
そうした事もあって一番苦労したため、出来あがった際に嬉しかったです。

塩月工業の魅力は、数多くの色々な現場を経験している先輩方がいることです。
自分が初めて経験するような工種、現場でも的確にアドバイスをもらうことができ、とても頼りになります。

現在は先輩方に教わったり、勉強しなければいけないことがたくさんありますが、先輩たちを目標に頼られるようになること、また、一つでもこれだけは負けない、ということを作れるように頑張っていきたいです。

D.F(地下鉄七隈工事事務所、26才、6年目)

工事部に所属しています。
現場によって職務内容が変わりますが、現在は躯体構築の各工種の管理業務に携わっています。

塩月工業に勤めて一番嬉しかったのは、工事が完了して、ものが出来た時です。
工事をする中で大変なことやきついこともありますが、完成した時、完成した後を振り返ると達成感があり、いつも嬉しいです。

塩月工業では、施工に直接携わることができます。
施工管理、施工を行うので、ゼネコンよりも、ものづくりが近いことが魅力です。

将来の目標は、「こんな人ならついていきたい」と思える人になることです!

M.K(地下鉄七隈工事事務所、20才、3年目)

職務内容は、玉掛けをしたり、コンクリート打設の準備や打設、土留支保工の解体などです。
職責として、自分自身がケガをしないこと、また事故を起こさないように気をつけています。

塩月工業に勤めて最も頑張ったことは、今でもそうですが、毎日出勤し続けていることです。
時々きつい日もありますが、毎日の自己管理を心がけています。

塩月工業に勤めていて嬉しいのは、といろいろな資格を取らせてもらったり、いろいろな作業を1から丁寧に教えてもらえることです。
また、寮があるところも魅力の一つだと思います。

将来は、いろいろな分野の知識を持ち、それを実践できる人になりたいです。

ページの最上部までスクロール